人が倒れているときにどんな対処が必要か

戦時中などは人が倒れているのは日常茶飯事だったとされます。
戦後の経済復興途中でも必ずしもすべての人が十分食事ができたわけではありません。
この時も道端に人が倒れていることがあったようです。
今の日本では人が倒れている様子を見かけることは少なくなっています。
でも全くないわけではありません。
もし人が倒れているのを見かけたら何をしなくてはいけないかです。
まずは様子を確認し、救急車などを呼ぶようにしましょう。
その間にできる医療措置としては、衣服の調整、人工呼吸、そしてAEDの操作があります。
倒れている人を見つけたとしてもすべての人が同じ理由で倒れているわけではありません。
軽く問いかけをしたり軽くゆすってみても意識がない時は、AEDの操作をするとよい時があります。
何らかの理由で心臓に障害が出ている時、この機械で衝撃を与えると正常通り動き出すことがあります。
利用すべきかどうかわからなくても、機械を体に装着するといろいろな指示をしてくれます。
まず使わないといけません。

時田はり・きゅう整骨院
当院では十分な医学的知識と豊富な経験を持つ柔道整復師などの国家資格者が施術にあたりますので、安心して治療を受けられます。

http://www.tanaka-dental-kasuga.com/

医療法人社団 あさま耳鼻咽喉科医院
鼻と耳の手術を専門に取り扱っている病院ですのでご安心ください

岡崎で唯一トルクリリースやオリキュロセラピーもできる接骨院

城北歯科医院・矯正歯科

最新投稿

  • 腎臓機能を低下しないようにする

    体内の水分を調整する腎臓機能が低下している人は、医療機関で検査をすることです。
    腎臓の役割には …

    続きを読む...

  • ドクターになりたいということであれば

    医療関係の仕事の中でも、医師、すなわちドクターの仕事に興味があるという人も、たくさんいらっしゃるので …

    続きを読む...

  • ストレス解消するための休日の過ごし方

    医療や福祉で働いている人の中には、強いストレスを感じて仕事をしている人も少なくありません。
    ス …

    続きを読む...

  • 仰向けにするか横に向けるかがある

    自宅で家族が倒れているのを見つけたらどうすればいいかです。
    倒れた時の事情が分かっていたり持病 …

    続きを読む...

お知らせ

一覧